麻酔付の胃カメラに初挑戦!

今日、胃カメラ検査を受けて来ました。
私は胃弱なのでよく胃のトラブルがあり、20代の頃から胃カメラを受けています。
今回は5回目の胃カメラです。

今回は初めて麻酔ありの胃カメラを経験しました。
検査方法は通常の胃カメラとさほど変わりはなく、最初に喉の麻酔をし、胃の動きを止める注射を打ちます。
そして胃カメラを入れる前に麻酔の注射をします。

麻酔の注射をした直後に胃カメラを口に入れたので、
「えっ?麻酔ってそんなに早く効くの?」
と思ったのですが、驚くほどすんなり胃カメラが入りました。
そして何よりも有り難かったのは嘔吐反射がほとんどないことです。
胃カメラを経験した人はわかると思いますが、胃カメラで辛いのは嘔吐反射があること。
麻酔をすることでその辛さがほとんどなくなるのは本当に嬉しいです。
麻酔と言っても眠ってしまうわけではなく、意識はありますし、医師の説明もちゃんとわかります(友人は「フワフワした感覚で医師が何を言っているのかわからなかった」と言っていましたが)。

医師の腕も良かったのかもしれませんが、とにかく麻酔ありの胃カメラは驚くほど楽でした。
今は胃カメラの時に麻酔をしてくれる病院が増えているようですよ。
麻酔ありの胃カメラ、お勧めです!!
また、バストアップサプリメントはビーアップがお勧めです!→ビーアップについて